ゆむらのウォーブレタオユニ紀行

ウォーブレのタオシン/ユニオンのカードやデッキ握ったを中心に纏めていきたいと思います

タオシン/ユニオン使いのB1カード評価




f:id:siawasekai897ace:20180125091218j:image
ヒヨかわいい。

どうもゆむらです。

間もなく待ちに待ったB1リリース!

御託はさておき、私もカードレビューしたい!という衝動にかられたのでB1カード評価したいと思います。

どうせ次はしばらくB2来ないだろうし、数ヵ月後にB1の事前評価を見直して味のしなくなったガムを楽しむためにもカード評価しておきたいわけですね。

とはいっても私、ユニオンとタオシンの事しかワカリマセン。悲しいなぁ。

シェドマグナラピスに関しては私のエアプ味を楽しんで下さい。

評価の目安としては

☆☆☆☆☆ サンキュータキニキ絶対採用!

☆☆☆☆  安定して強い

☆☆☆   ポテンシャルは高い メタに合わせて採用

☆☆    弱い、専用構築に期待

☆     採用しない

と言った感じです。

 

 

タオシン

f:id:siawasekai897ace:20180124065812j:image

裁卿皇帝 ビッグブラザー

☆☆☆

いきなりとんでもないカードが登場です。

相手に与えたターン1つにつき追加ターンを得る!

しかし、現状サーチ手段の無いこのカードの為に相手に追加ターン渡してたら普通に殴り倒されますよ‥

しかも、このカードで得た追加ターンで大型バーストを叩き込むにはこのカード以外の下準備(USB、フェイロン計画の種etc)も要求されるので流石に実用的では無い。

でも僕はEXターンタオシン作るから待っててね。

 


f:id:siawasekai897ace:20180124070451j:image

爆炎鬼鎧 ゴルゾン

☆☆☆

ビッグブラザーの従者。

B1のカードプールで追加ターンを相手に与えるにはこのカードが適任でしょう。

性能としては5.5コストユニット+4コストスペル相当の性能を有しているので、ギリギリ相手に追加ターンを与えるに耐え得る性能です。

有している能力も除去+防御なので、追加ターンとのシナジー自体は絶大です。

私がEXターンタオシンを作る際にはこのカードを軸に考えますね。

 


f:id:siawasekai897ace:20180124070902j:image

皇帝兵 リトルブラザーズ

ギャグでしょ(直球)

1ターン目以外に出したら弱いし、1ターン目に出しても勿論弱い。

3コスト相当のユニット一体と追加ターンでは割に合わない。

EXターンタオシンは腰を据えてロングゲームを狙うことになりそうなのに、序盤のテンポの為に終盤のテンポを捨てるのは流石にアンチシナジーかなぁ。

 


f:id:siawasekai897ace:20180124071333j:image

フェイロン計画

☆☆

大味な効果なスペル。

EXターンを得るためにダンダマイトを蘇生させて時間を稼ぐのか、EXターンと合わせて心食いを蘇生させてゲームを決めるのか、攻守どちらで使うのか試されるカードな気がします。

高コスト帯にどんなカードを採用するのか、どのカードを蘇生することを想定するのかがプレイヤーの腕の見せ所でしょう。

ただ、カードプールの増加の影響を非常に受けやすいカードなので将来に期待です。

 

自傷


f:id:siawasekai897ace:20180124072146j:image

亡国の白魔剣 エリカ

☆☆☆☆

最強のBGMを宿す女。

3/3/2という標準スタッツもさることながら、注目すべきはUSB。

ゲーム終盤に大型ユニットを6体展開して、運命の逆転でフィニッシュなんて考えると夢が広がりますね。

USBの発動条件も後述のシンを利用すれば簡単に満たせると思います。

しかし、このカードの最大のデメリットが「あなたのターン終了時」という一言です。

そう、エリカを出したターンにUSBを発動出来ないんです!

その1ターンのラグが勝敗を分け兼ねないので、USBを狙うか否かが腕の見せ所。

ただ、USBが決まればゲームを終わらせるだけの性能は有しているので期待を込めて☆×4。


f:id:siawasekai897ace:20180124073924j:image

闇黒大剣 シン

☆☆☆☆☆

文句なしの5つ星。

B1のゲームチェンジャーはこいつです。

自傷は重たいですが、4/3/5ガーディアンという破格のスペックを内臓しており単体スペックは4コスト最強です。

このカードの四点自傷+エリカの四点回復でUSBの条件を簡単に満たせるのはシンプルに強力。

 

さらに注目すべきは起動効果です。

後述のグラントやヒヨの性能から考えて1ダメージ=1メモリ相当の働きを持つのがBシリーズタオシンの自傷ギミックのように思われるので、1コストの起動を2コスト相当の能力に還元できると考えられます。

Bシリーズを通してタオシンを支えるスペックを有していると思います。

 


f:id:siawasekai897ace:20180125090322j:image

翔国の長槍 グラント

☆☆☆

ゆむらのイチオシカード。こいつはつええぞ。

B1の自傷カードでシンを一番活かせるのはこのカードだと考えています。

元々タオシンはファッティの処理を苦手としているクラスですが、このカード一枚でシンの起動能力を二点火力に還元出来ると考えると非常に強力。

システムユニットとして最低限のスタッツも有している点も○

3/2/2なら評価落としてました。

ラッキーに隙を見せる3コストは余程強くないと信頼してはいけない。

 


f:id:siawasekai897ace:20180125091218j:image

亡村の竜人 ヒヨ

☆☆☆☆

B1で一番かわいい。声もかわいい。「ヒヨ、負けないもん」あぁ~、たまらねえぜ。

故郷を失ったという名前とイラストの笑顔のギャップが胸を掴んできますね。

もし、イラストが残念だったなら☆☆☆でした。

終盤に戦線維持してもよし、中盤に自傷を誤魔化してもよしと小回りの効く効果を有しています。

意外と自傷は馬鹿にならないダメージになりそうなので、ミッドレンジ以降のタオシンの潤滑油になると思います。

 


f:id:siawasekai897ace:20180129121949j:image

復讐竜人 ティナ

☆☆

B1タオシンに1ターンに複数回このカードを破壊するギミックが無いのでこのカードの効果を活かし辛い。

え?2/2/2でソウルを二つ消費することで蘇生するユニットが居るって?

僕はニーハオを使うよ。

B2でティナ射出機が実装されるのを待ちましょう。

 


f:id:siawasekai897ace:20180129122426j:image

亡国豪腕 スティンキー

☆☆

優秀な永続効果持ちユニットではあるが、B1で2/1/3のスタッツを持ったユニットが多く追加されたのが向かい風。

タオシンは優秀な低コストのカードが多いのでこのカードが構築にすんなり入ってこれるかは怪しそう。

シンの起動でチキンレースを仕掛けるのは楽しみです。

スティンキー➡シン起動×n回+オバヒヒヨでリーサル決めたら気持ちいい。

 


f:id:siawasekai897ace:20180129123313j:image

亡村の竜人 トッド

☆☆

2/2/2に隙を見せてリソースまで奪われる1/1/2は評価出来ない。

起動も重さに対して火力が低すぎるので彼の採用されるデッキが見えません。

ただ、かわいい。

 


f:id:siawasekai897ace:20180129123557j:image

誘惑魔汁 スラムガール

3/1/2は流石にギャグ。

ラピスの3/2/1を見習って、どうぞ。

タオシンにハンドの枚数でテンポロスを取り返すカードなんてダッキくらいしか居ないのに、こんなカードだしてたら流石にジリ貧で負けると思います。

ただ、かわいい。

 


f:id:siawasekai897ace:20180201122843j:image

帝国火力部隊の罠

☆☆☆

おいおいおい、ヒヨないてんじゃん。

孔明で持ってきて無理なくトラップカウントを稼げる素晴らしいトラップ

トラップにありがちな「発動しない」という下ブレを誤魔化しつつ、味方ユニットを守れる可能性もある強力なカードなので罠タオシンにはすぐさま採用します。

ダンダマイトを守れるのもグッド。

 


f:id:siawasekai897ace:20180129123935j:image

砂海の死神 シロカブト

☆☆☆

出されると強いけど出すと弱いカードの典型。

性能は悪くないが、8コスト払って後手に回るなら7ターン目にダンダマイト出してる方が強いと思います。

シナジーもこの重さだと機能しない。

フェイロン計画で蘇生させて持ち物検査するのは、ユニオンとタオシン相手には機能しそうなのでその点は期待。

 


f:id:siawasekai897ace:20180129124322j:image

帝国白魔道 ローザ

☆☆☆

4/2/3と考えるのか6/5/6と考えるのか難しいカード。

六ターン目に2/3と3/3を並べるのは強力に見えるが、後述のカーライルの単体性能が低いのでコンボありきのカードと考えると評価は下がる。

ローザ自身の性能は悪くないので、安定してローザ+カーライルを決められる構築を模索したい。

 


f:id:siawasekai897ace:20180129124947j:image

忠誠巨翼 カーライル

☆☆

ローザ専用機。

7コスト相当のスペックはどうみても有していないので、ローザを引けずにこのカードが手札にダブつくと悲惨。

ローザがデッキ外からこのカードを持ってくるのであれば評価は高かった。

ただ、1ターン生存すれば4/4~6/6のスタッツは期待できるので、6ターン目に優勢で着地できればゲームエンドも狙っていけるかも。

 


f:id:siawasekai897ace:20180129125318j:image

カーライル・レスキュー

素で打つには心もとない性能。

無条件でキャントリップを有していれば空撃ちも出来たがそうもいかない。

ローザ➡カーライル➡レスキューの三段階サーチまで狙ってしまうと流石に綻びが生まれてしまうので、ローザ軸でも採用するかは怪しいと思います。

 

ユニオン 

 
f:id:siawasekai897ace:20180131134804j:image

独裁者ドランエイガー

☆☆☆☆

なんだこの効果は、たまげたなぁ。

B1のカードプールではセカンドチェンジ組を一気に変身させるか、後述のドクターテンマと組み合わせて大量展開する使い道しか見えない。って思ったけど、裁定次第ではエグいシナジーもった生き物いたわ。


f:id:siawasekai897ace:20180131132727j:image

このカードでライブラリアウトを狙うと流石にユニオンのが先にデッキデスすると思います。

ただ、Bシリーズのユニオンを象徴した能力を有しており今後の活躍に期待大。

B1で真価を発揮しきれないカード多ない?

 


f:id:siawasekai897ace:20180131130545j:image

 希望の科学ドクターテンマ

☆☆☆


f:id:siawasekai897ace:20180131130810j:image

うん、アウトだと思います。

使いこなすには工夫が必要でこのカードも今後のカードプールの増加に伴い強化されていくカードに見える。

主な使い方としては上記のドランエイガーと組み合わせるかセカンドチェンジのコストを盤面に還元するのかになりそう。

おしゃれコンボで暴れる可能性もなきにしも在らず。

でもやっぱり7コストのシステムユニットは使いにくそう。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131134035j:image

希望の使徒 イム

☆☆☆

残念ですが流石に弱体化。

今の性能ではカードを8枚使わないと自力でセカンドチェンジ出来ないので最序盤以外でのバリューが余りにも低い。

コントロール寄りのデッキで終盤でも手札を回したりデッキを破壊するギミックを組み込まないと安定した運用は難しそう。

ただ、安定して変身できるコントロールデッキが実装されると危険な香りがする。

自分はエモΣのサブプランとして運用しますかね‥でもそうするとΣ燃やしそうだしいと難しき。

ユニオンという国家は郡を抜いて小回りが効くので何がどんな形で暴れるのか本当に検討がつきません。

ピーナッツみたいでかわいい。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131142028j:image
f:id:siawasekai897ace:20180131142040j:image
希望の使徒&セカンドチェンジアニー

☆☆☆

期待の新システムセカンドチェンジ!

決まれば大きなアドバンテージを得られるが2/2というスタッツを守りきれるかが鍵。

セカンドチェンジ出来れば一気に大型バーストを狙えるので、4/2/2という貧弱なユニットでも採用する価値はあると思います。

このカードととりわけ相性が良さそうなプログレスユニットは後述のキングボーンやシュウサイトウでしょうか。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131143015j:image
f:id:siawasekai897ace:20180131143027j:image
希望の使徒チセ&セカンドチェンジチセ

☆☆

アニーに続くセカンドチェンジユニット。

ただし、アニーと違いスペルをデッキから破壊してしまうのが難点。現状スペル破壊のメリットは無しです。

ユニオンのドローエンジンがあれば、このカードを使ってまでレイトゲームでデッキを掘らなきゃいけない事態には ならなさそうなのでこの評価。

彼女がセカンドチェンジする頃にはリブートフェイズで2ドロー出来そうなのも厳しい。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131144807j:image

天才助手 シュウサイトウ

☆☆☆

なんちゃってパッチーズ。

踏み倒されば強いがB1のプールでは踏み倒す手段がドランエイガーとアニーしか無いので今後の活躍に注目。

踏み倒しで登場できる科学者ユニットなので思わぬところからクローンフィーバーを発動してコンボの始動要因になるのでは無いかと期待してます。

 

 


f:id:siawasekai897ace:20180131145340j:image

暗躍使徒 トリガー

☆☆☆☆☆

B1ユニオンで一番期待しているカード。

4/3/4シャドウは場合によっては黄泉より固い上に、三つ目の効果によって超大型バーストも狙えるのが魅力。

ソウルバースト+メイグルシルヴィアで、爆発的な火力を得られる可能性には大いに期待しています。

とりわけ、私が一緒に使いたいカードは「再生の王ジャンク」


f:id:siawasekai897ace:20180131145944j:image

攻撃を終えたユニットをトリガーの火力に還元しながら自信も攻撃に参加できます。

何より、「ジャンク・トリガー」って響きが最高にかっこいい。

ただ下ぶれた時の弱さも間違いなくネックになると思うので、そこは使用者の腕の見せ所です。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131150309j:image

暗躍使徒 ファイヤーマン

☆☆☆☆

ユニオンに薄かった期待の3コストユニット枠。

相手の2/2/2にトレードされるのは難点だが、B1で多数追加された2/1/3に有利トレードを仕掛けつつ後続にもプレッシャーをかけられるのは大きなメリット。

序盤から圧力をかけていくウイルスユニオンへの採用を期待したい。

環境にユニオンが増えると向風、マグナが増えると追い風ですね。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131151119j:image

暗躍使徒 ミスターミラー

☆☆☆

一枚目のバリューは2/3 2/3と悪くない。

ただ、手札にだぶった時のリスクを考えて3枚採用すると流石にデッキと手札を圧迫しすぎる気がするので、上ぶれに対して下ぶれが大き過ぎる印象。

デッキ破壊を活かす以外の運用を考えるなら、正直復活のスライムでいいかなぁとは思います。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131152024j:image

暗躍使徒 バンブーマスター

☆☆☆☆

他のクラスなら喉から手が出るほどほしいカードでしょう。

条件付きではあるが、6/4/5+2ドローは破格のスペック。

ユニオンが苦にしていたダンダマイトに明確に強いユニットの追加は非常に喜ばしい。

ただ、ユニオンには終盤の明確なエースユニットが居ないので、このカードで得たアドバンテージをきっちり勝利に還元するには構築段階で勝ち筋をはっきりさせる気がします。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131153006j:image

暗躍使徒 キングボーン

☆☆☆

2/1/1の条件付き蘇生効果持ちユニット。

ビートダウンするデッキよりもコントロールデッキに採用して盤面で時間稼ぎをするのが主な使い方になりそう。

シンプルにリサイクルを打つだけでデッキを3圧縮出来るのは強力。




f:id:siawasekai897ace:20180131151918j:image

満腹微笑 マリー

 ☆☆☆☆

2/1/3はシンプルに強い上に、ビートダウンデッキでファイヤーマンとトリガーの弾薬を補充するのは強さを実感しづらいが恐らく強力。

ウイルスを使わないユニオンではマリーリベリーオポロンが2コストの軸になると予想。

地味にプログレスが排除されたお陰で自身がマリーの効果でデッキに戻らないので評価上昇。

 

 


f:id:siawasekai897ace:20180131153908j:image

万能球体RAPO

☆☆☆

B1段階での評価はそれほど高くない。

現状、デッキに弾丸が無い状態で回収したいユニットがセカンドチェンジ組位なので使い所が難しそうです。

ただ、1/1/1でノーリスクでハンドを補充できる能力そのものは間違いなく強いので今後のプログレス追加で間違いなく化ける。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131154621j:image

絶対治安 HIROSHI

☆☆☆

2/1/3ガーディアンは強いけど、これが欲しいのはユニオンではなくシェドだと思います。

ユニオンは序盤のバリューが低くないのでわざわざガーディアンで身を守る必要も無いですし、終盤もライフゲインする手段があるのでこのカードをわざわざ優先する自体は少ないと思います。

贅沢な悩みだよ、全く。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131155026j:image

デモ鎮圧

☆☆

4コスト3点スペル。

弱くは無いけど、4コスト払うなら基本的にはユニットを展開してる方が強い。

そう考えるとコントロールデッキで採用したいカードだが、コントロールデッキで相手の中盤のエースを射抜くメリットが薄い。

ダンダマイトやフローラを射抜けるなら採用したかったけど、それが出来ないなら無理せずファンキーボム撃ちます。

総じて誰を想定して採用するのか考えさせられるカード。

 


f:id:siawasekai897ace:20180201121716j:image

市長の野望

☆☆

絶対いつか悪さするけどそれは今では無い気がするカード。

デッキ破壊のスピードを管理しないと自分でコストを選びきれないのが難点。

 


f:id:siawasekai897ace:20180201122422j:image

テンマチームの活躍

☆☆☆

キャントリップ持ちでプログレスを回復できるのは小回りが効きやすそうで優秀。

ただ、B1のプログレスはビートダウン寄りのカードが多いのでこのカードでドローするよりもマリーで盤面を補強したい場面の方が恐らく多い。現状、四枚目以降のマリーと考えています。

 

 

シェド

 

 
f:id:siawasekai897ace:20180131172954j:image


おてんぼ王妃 レヴィ

☆☆

2/2/2アブゾーブは勿論強い。

ただ、それがGCに求められる性能では決してない。

二枠しかないGC枠をこの性能で消費しているという意味での低評価。

モリーセーブで登場するランガーシェも2+6メモリを消費して発動を狙う効果かと言われると疑問。

他のメモリーセーブと組み合わせればメモリ消費の負担も軽減できるが、現状他のメモリーセーブユニットの性能もイマイチ。


f:id:siawasekai897ace:20180131160632j:image

そらのおとしもの

 


f:id:siawasekai897ace:20180131161040j:image

イデア空兵ガストン

重たいデッキには流石にこのカードは採用されない。かといって早いシェドはこのカードでメモリーセーブする暇があればガンガン展開する。

採用するデッキが見えないのが現状。

 

 
f:id:siawasekai897ace:20180131161257j:image

イデア空兵ベイル

☆☆☆

軒並み微妙なメモリーセーブ組の中では比較的優秀。

ランプアップした後に後続が続かない事態を誤魔化してくれる下ぶれに優しいユニットに見える。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131173021j:image

イデアの象徴 サン

あの豪神の力が毎ターン3コストで撃てるよ!

初回に3/0/3の置物を購入してね!

はい。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131173034j:image

忠誠メイドリゼ

激戦の4コストでこの性能は流石に採用されない。

仮にメモリーセーブで2/5まで成長してもぶっちゃけ強くない。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131162402j:image

忠誠メイド ニアル

☆☆

アブゾーブを犠牲に4/3/3のスペックを有していれば評価できた。

四コストのユニットに有利トレードされる場持ちの悪さと攻撃的なメモリーセーブが何とも歯痒い。

モリーセーブの性能自体は悪くないので、終盤に他のユニットと時間稼ぎをする運用は悪くなさそう。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131174228j:image

青空の賢者 スフィンクス

賢者名乗ってるけど、知性低そうなモアシュガーのが数倍成長する。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131163016j:image

想受滅兵 ネクトン

☆☆

先払いして還元出来る1メモリ。

上手く使えば1メモリブースト出来るのは悪くないが、本体が余りにも除去に無防備なので置き所に困る印象。

8メモリのユニットとの相性が悪いのも難点。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131163350j:image

イデアンスポイル

☆☆☆

4コスト4点除去はそこそこの範囲を処理できる。

中盤のイプシロンの解答が増えたのは偉い。

ただ、シェドには炎神の息という優秀な低コスト除去もあるので枠の取り合いに押し負けそうでもある。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131163601j:image

報復の堕天妃 ベラ

☆☆

完全に力に楔を撃たれたGC

こんな能力を有しててデザイナーズコンボが実装されないとは考えにくいので、B2以降の活躍に期待。

単体でも7/7というスペックを持っているので、シナジーを有したカードが増えれば確実に化ける。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131164911j:image

 堕王妃の急襲

☆☆☆☆ 

超大型疑似AoE

このカードの性能は勿論、このカードを想定したプレイを強要できるのが非常に強力。

沈黙や直接火力といった抜け道はあるが一発逆転の狼煙足り得る優秀な一枚。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131165206j:image

リバーサルウェーブ

ベラ専用トラップ。

GCベラ+急襲と組み合わせないと効果を発揮できないので流石にB1のカードプールでは採用されない。


f:id:siawasekai897ace:20180131163836j:image

 終末の巨人ソドム

☆☆☆

スペック自体は悪くないが如何せん重い。

このカードと合わせる為に発破を手札にキープするのはやり過ぎな気がするので、2打点以上は意外と想定し辛そう。 

構築上中盤が厚くなる天空神軸との相性はなかなか良さそう。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131170030j:image

氷結のウェディングブレード

☆☆☆☆

3/1/5という防御には優秀なスタッツと余ったメモリを打点に還元出来るというスタッツと効果が噛み合った一枚。

モリーセーブに求められた性能を彼女が有していると言っても過言では無い。

巷での評価は低いですが、ミッドレンジ天空神はそこそこ強いと思います。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131170929j:image

烈風のカマイタチ

☆☆☆

最も使い方を選ぶ天空神。

良くも悪くも効果が盤面全体に及ぶので活躍がぶれそうなカード。

盤面有利で先出しすれば相手の4コストよほぼ確実にトレード出来るのは魅力。

盤面有利と不利で効果を撃ちわけていけ。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131173059j:image

土轟のガーデン

☆☆☆

ゴリラ。

モリーセーブの一文字がしんどそうだが、フローラや息で能動的にメモリを割った際の圧力は大きそう。

スタッツが優秀なのが一番の評価点。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131173505j:image

鉄塊のピーナッツバター

☆☆☆

6/5/5の防御力はかなり高い、殴られる度にヘルスが上昇するのもアグロ相手には非常に強力。

総じて評価が低い天空神一同だがよくみれば皆悪くない性能をしていると思います。

 

マグナ


f:id:siawasekai897ace:20180131174633j:image

 覚醒妖姫 モニー

☆☆☆☆

ディスカードマグナのエース。

3~4コスト軽減できれば充分なスペックを有する上に、ゲームが長引けばコスト~0も夢では無い。

効果も優秀で盤面を制圧した状態でこのカードを出せば一気にゲームエンドまで持っていける。

不安材料だった軽いディスカードユニットも追加される事が判明して、B1だけでもディスカードマグナが充分形になりそうな予感。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131175057j:image

彷徨の艶女 キジモナカズバ

☆☆☆☆ 

ディスカード展開の要。

シャドウ持ちの為かなりの場持ちが期待できる上に、ログイン時に自身の能力でトークンを生成できるので返しにスペルで処理されても被害が少ない。

放置すればするほどアドバンテージを生み出すのでシャドウを処理できないクラスには滅法強いはず。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131180135j:image

流行感染 ワンスアポン

☆☆

流石に構築に入れるとデッキパワーが下がりすぎる気がするので低評価。

あくまでもキジモナカズバのトークンとして運用するのが基本になりそう。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131180517j:image

感染妖女 シレーナ

☆☆☆☆

ディスカード期待の低コストユニット。

このカードがあるお陰で序盤にテンポロスせずにディスカード展開が出来るのは強力。

後手1キジモナカズバ後手2シレーナは多分かなり糞。

B2以降もディスカードの序盤の軸になり得る優秀なカードなので長く見ることになると思います。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131181149j:image

 感染咆哮ポチ

デメリットに対して得られるリターンが小さすぎるが、ハンデスを有したユニットが強力でも糞なのでこれでいいと思います。

マグナには優秀な4コストが揃っているのでこいつが入る枠は恐らく無い。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131181347j:image

感染暴走 ウラシマ吾朗

☆☆

低コストに優秀なディスカードユニットが追加されたので評価ダウン。

ハンドが少ない状態で展開できればリソースの確保も出来るが、GCを捨てかねないのが危険。

沈黙に弱い点は注意。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131181703j:image

シロワニマーチ

☆☆☆

軽いドローソースは偉い。

必要に応じて何時でもディスカード出来るのが評価点。

ただ、考え無しに撃ってもただのテンポロスなので注意。

ちなみにハンド0からでも問題なく唱えられるそうです。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131182414j:image

守銭少女 アリス

☆☆☆☆☆

ワンダートラップを象徴する強カード。

このカードが存在するだけでマグナ相手にオーバーヒートを絡めたリーサルを狙えなくなるので、構築段階から影響を与える強カード。

このカードの優秀な点は、メタカード特有の単体性能の低さを一切感じさせない点です。

というのも、単体でデメリット無し3/3/3はこのカードが初で、標準スタッツである3/2/3に有利トレード出来る時点で強力。

ユニットとしてもトラップとしても最上級の性能を有するこのカードはワンダートラップを象徴していると言って良いでしょう。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131183222j:image

不笑童女 シラユキ

☆☆☆☆

ワンダートラップかつ優秀なログイン効果を持ったユニット。

ワンダートラップとしての効果はそれほど強力で無いが、標準スタッツを有している上でアドバンテージ足り得るログイン効果を持っているのが優秀。

ワンダートラップは発動のさせやすさと素だし性能を天秤にかけることになると思うので評価が難しい。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131183552j:image

炎上幼女 ベンテン

☆☆☆

ワンダートラップとしての効果はB1随一であるが、発動条件の透かし易さと素だし性能の低さがネック。

このカードの強さは実際に発動するかどうかではなく、カードプールに存在することで構築を制限することと対戦中に相手に一方的に想定させることにあると思います。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131183859j:image

疾風の豪勇 シルエラ

☆☆☆☆☆

マグナご自慢のメリット効果持ち4/3/4。

何故標準スタッツを与えたし。

純粋にテンポロス0で3コスト踏み倒されるだけで大幅に相手の行動を制限しながらテンポを得られる。

手札の枯渇だけが難点だがマグナには7/6/6のアイツが居るからね。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131184341j:image

裸漢王 マリオン

☆☆☆☆

恐らく罠マグナでは間違いなく採用されるユニット。

専らトラップとしての運用が求められるだろが、リブートフェイズと差し押さえのお陰で発動条件は見た目より易しい。

7メモリで対面したときに、マリオンへの解答が無ければメモリを増やさざるを得ないのはミッドレンジデッキにはかなりの圧力になるでしょう。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131185032j:image

純粋人形ピノコ

☆☆☆

マグナの性能があれば恐らく3ターン目に貼った時のバリューを最大限に活かせる。

均衡の指導者で強襲するもよし、イプシロンでまわすもよし。

相手に不利な択を押し付けたリスクが小さいのが非常に美味しい。


f:id:siawasekai897ace:20180131185408j:image

金鳥二世 ぶんぶく

☆☆☆

このカードもカードプールに存在するだけでプレッシャーを与えるタイプのトラップ。

とりわけ、シルエラのカウンターに5コストユニットを出すのを躊躇わせるのが非常に強力。

今から頭を抱えさせられるカードがマグナに多すぎんよ。


f:id:siawasekai897ace:20180131185658j:image

風来の詩人ハーメルン

☆☆☆☆

恐らく使用感は少し強いニュクス。

単体大型ユニットがどれ程評価される環境になるのかに注目。

ただ、マグナはワンダートラップで相手の動きを制限しながら立ち回ると思うので単純なデカブツが与える圧力はかなり大きいと思われます。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131185935j:image

ロマンチックバウンス

☆☆☆☆

ログアウトを封じる単体除去。

マグナはバーストダメージで勝ちきる国家では無いので回復もさして痛手ではないはず。

あくまでも単体除去なのでどれ程採用されるかは環境次第。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131190154j:image

キャンディーシャワー

わざわざ行動制限と4コストを払ってまで回復とドローをしたいかは疑問。

ライフ数点が試合を分ける展開なら素直にソルバを切ります。

 

ラピス


f:id:siawasekai897ace:20180131190757j:image

風の村のナミ

☆☆☆☆

恐らく一番使い勝手のよいUSBユニット。

自身の効果でメタモールを召喚出来るのでUSBが単体である程度補完されているのが優。

3/6を呼ぶことが出来ればかなり盤面を強化出来る一方で2/2を呼び出すと盤面が脆いので構築難易度は見た目以上に高い印象。

このカードでUSBを狙ってるように見せて白獅子投げるのやめろ。やめろ。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131191212j:image

風村の雷猫 ケヤキ

☆☆☆

標準性能を持ったメタモールってだけでそこそこ評価できる。

単体性能はシルヴィアに劣るのでフレンドリンクという特性で差別化したい。

やっぱりシルヴィアゲーじゃねえか。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131191721j:image

メタモールシャボン

流石に4コスト払ってやることじゃない。

シルヴィアを見てみろ。

カーライルレスキューの時も思ったけど、デッキの外からサーチしたらいかんのか?

 


f:id:siawasekai897ace:20180131191848j:image

風村の野狐姫 ユウナギ

☆☆

2ターン目のプレイを想定できない2コストユニットを採用する余裕も枠もラピスには無さそう。

それだけ序盤の機械+ゴッツの壁は厚い。


f:id:siawasekai897ace:20180131192050j:image

風の民の祈り

☆☆

3/2/1 1ドローの採用すら怪しい環境でこのスペルを唱える余裕は恐らく無い。

ラピスは並べて圧力をかけてた方が強い。

このカードもデッキ外からサーチできるなら悪くは無かった。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131192244j:image

☆☆☆☆☆

エグゼバグスタッツのガーディアンってだけで糞強い。

虎鹿おっさんの5コスト三人衆を見てタオシンは何を思うだろうか。

何気無い5/3/6がタオシン師匠を傷付けた。

更に、味方のユニットを守る意味が他のクラスより大きいのも高評価。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131192613j:image

風村の小熊娘 カエデ

☆☆☆

2/2/2のメタモールは多分採用される。

後手1カエデ後手2ゴッツはインボイスで返せないから割りと糞ムーブ。

ナミのバリューを下げてしまうのはデメリットなのでそこだけが懸念材料。

それが無ければ☆☆☆☆だった。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131192833j:image

風村の白鷹 トビー

☆☆

1/1/2は2/2/2にやられるので1ターン目から積極的に展開るのかは怪しい。

1コストでフレンドリンクのピースを埋める運用が強そう。

これもナミのノイズになるのが難点。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131193905j:image

 穏健策士 HQ

☆☆

フレンド要求+低スタッツは流石にハードルが高そう。

わざわざドローしなくても後述のカードでデッキからユニットぶちまけるしね。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131193104j:image

無窮の英雄 ギルダン

☆☆☆☆

大きな新八重。

効果のインパクトは大きいがスタッツの低さとコストの重さが難点。

中速デッキに即打撃を与えられた八重と違い、コントロールデッキに猛威を振るう役割を果たすと思います。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131193336j:image

女傑総裁 ミアハリスン

☆☆☆☆☆

やりやがったなウォーブレさんよぉ。

ファビアンが二人出てきて終わるゲームは流石にきつい。

二体目以降のバリューが低い事を考えても、一人目のアドバンテージでお釣りが来るでしょう。

Bシリーズを重ねれば重ねるほど強くなっていく将来性も悪魔的。

7/3/3のナミが一体展開で、6/3/3のハリスンが二体展開はどうかと思います。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131195505j:image

狂犬美貌 ファビアン

☆☆☆

ハリスンの忠犬。

解答を用意できないと無限にアドバンテージを稼ぐ上ブレの鬼。

クロベエゴッツの後に出しても充分強いと思います。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131195719j:image

暗躍兵 メメマスター

☆☆

本来なら採用したく無いが、ファビアンが手札にダブつく下ブレを考慮して1~2枚採用されそう。

腐っても2/1なので序盤に2/2とのトレードに使ってもよい。

流石に3/1を狙うとハリスンの弾丸が尽きる。

 

 


f:id:siawasekai897ace:20180131194331j:image

汎用性調査機TENTEI

☆☆☆

ラピスの5コストは類を見ない激戦区。

インパクトダメージ+戦闘破壊でソウルを二つ奪取できればUSBが一気に近付く。

鹿とバルビーから枠を奪えるか期待。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131194608j:image

狡猾財閥 アルノー

☆☆

無気味なユニット。

専用構築がどれだけ猛威を振るうかは本当に未知数。

数点のバーンで一気にリーサル圏内に入りかねない事を考えると化けても可笑しくは無い。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131194951j:image

シャークトレード

☆☆

ルノーとのコンボが真っ先に注目されるカード。

ただ、5コストのロスを安定して勝利に還元出来るようには見えない。

相手にジルクライハートやアラディアを引かせるのは不確定要素が強すぎて考慮できない。

 


f:id:siawasekai897ace:20180131195310j:image

邪智商 ジミー

3/2/1で確実に1ドロー出来るクウより優先されるカードには見えない。

ソウルを奪うギミックも軸に据えられるほどのカードプールも無いと思います。

 

ニュートラ


f:id:siawasekai897ace:20180201105038j:image

予言システム プリノウズ

☆☆☆☆

4/4から6/6に上方補正を受けて評価アップ。

メタカードとしての性能と悪くないスタッツを両立しているのは優秀。

8~7コストで出しても相手(専らユニオン)次第では充分仕事できる上に、6まで下げられれば標準スタッツを上回る。

低コストセンチネルも比較的優秀なのでシェド辺りで活躍しそうな一枚。

 


f:id:siawasekai897ace:20180201105423j:image

次元の番人 ウォールガール
☆☆☆

上ブレの破壊力が凄まじい1コストセンチネル。

入れ得のカードでは無いが、想定されるログアウトユニットはもユウユウ・ラッキー・スライムと幅広いのでメタに合わせて採用すれば腐ることは少ないと思います。

プリノウズを無理なく軽減できるのは偉い。

 


f:id:siawasekai897ace:20180201110031j:image

次元の番人 ギャラクシー

☆☆☆

リベリーに次ぐニュートラル2/1/3。

種族以外はリベリーに劣るがプリノウズの存在のお陰で決して劣化では無い。

そもそも、2/1/3ってだけで採用を検討するクラスもあるでしょう。

 


f:id:siawasekai897ace:20180201110449j:image

次元の番人 インフェルノ

☆☆☆

自身の効果で3/2/3が保証されているので見た目ほど悪く無いスタッツ。

プリノウズ入りのコントロールデッキであれば4コストのトイガールをサーチできるのも強力。

 


f:id:siawasekai897ace:20180201110822j:image

次元の番人 キャットガール

☆☆

3/1/1は流石にテンポ出し出来ないので評価は低め。

9コスト以上要求するコンボ(モルドマルド起動etc)などに用いるのが主な役割になりそうです。

 


f:id:siawasekai897ace:20180201111053j:image

次元の番人 トイガール

☆☆☆☆

ニュートラル期待の4コスト。ランデスは強い。

他のどんな4コストとも毛色が違うコントロール寄りな性能を持つこのユニットです。

最速で出して相手の4コストの動きを潰してもよし、終盤に相手の大型コンボに蓋をするもよしで使い勝手もよそうです。

豪神トイガールは恐らくクソゲー

 


f:id:siawasekai897ace:20180201111438j:image

 
f:id:siawasekai897ace:20180201111927j:image
f:id:siawasekai897ace:20180201111934j:image
f:id:siawasekai897ace:20180201111940j:image
f:id:siawasekai897ace:20180201111946j:image
f:id:siawasekai897ace:20180201112032j:image
次元を見守りしもの ボグズ

ラピス☆☆

タオシン☆☆

シェド☆☆☆☆

マグナ☆☆☆

ユニオン☆☆

構築に全学問を要求する斬新なGC

ただ、シェドとマグナ以外はスタッツが低くて生き残りにくく起動が使い辛そうなのが厳しい。

シェドのボグズは標準スタッツと起動で苦手としていた黄泉やオズワルドをかれるのは偉い。

 


f:id:siawasekai897ace:20180201114449j:image

次元修正 スリープガール

☆☆☆☆

6/5/7のスタッツを有しているので、更地で出してもまず強い。

攻撃制限効果もスリープガールそのものが有するのではなく相手に付与する効果なので沈黙と相性が良い。

ヘルスを火力に変えられシェドが一番使いこなせそうな気がします。

 


f:id:siawasekai897ace:20180201114713j:image

次元修正 キジモナ

☆☆

ディスカードマグナ専用ニュートラルに見えますが、マグナには優秀なクラスカードが揃っているのでバリューの低いこのカードの採用は厳しい。

 


f:id:siawasekai897ace:20180201120956j:image

次元修正 キングママ

☆☆☆☆

そうとう固い肉壁。

最速で登場して相手の中型ユニットを捕食するだけで、ミッドレンジデッキは吐血すると思います。

点数除去で処理できない上に、無視も出来ないガーディアンは考えただけでしんどいです。

ただ、攻撃力の低さとコストの重さゆえにシルヴィアで予めケア出来るのはありがたい。

セルゲイトとのシナジーは無理して狙わなくても充分つよいはず。

 

 


f:id:siawasekai897ace:20180201115426j:image

ネイチャーリアリズム

☆☆☆

ラピスのソウルバーストを模した一枚。

全クラスで使える復活のアニマと考えれば使い勝手は悪く無いと思います。

ステータス修正を複数回受ける点が悪さしそう。

 


f:id:siawasekai897ace:20180201115729j:image

エスシュミレーション

☆☆

タオシンのソウルバーストを模した一枚。

このカードに枠を割くなら素直に5コストのユニットを採用するのが良さそう。

エモシグマでエレファンクを吊り上げようと考えたが自傷がエグすぎる。

 


f:id:siawasekai897ace:20180201120007j:image

変形する空間

☆☆

ユニオンのソウルバーストを模した一枚。

「未満」文字が汎用性に大きく蓋をしており、ログアウト封殺ならセンチネルのウォールガールの方が使いやすそうだと思います。

 


f:id:siawasekai897ace:20180201120145j:image

スペクタクルレイン

☆☆☆

マグナのソウルバーストを模した一枚。

コントロールデッキで押し込みの数点を回避する手段としては強力に見える。

4コストで8点も回復できれば少なくとも先手必勝は届きません。

地味にこのカードで一番打撃を食らうのはテンポユニオンな気がします。検体トドカナーイ。

 


f:id:siawasekai897ace:20180201120455j:image

インビンシブルスーツ

☆☆

シェドのソウルバーストを模した一枚。

豆シヴァかわいい。

シャドウにつければ強力だがわざわざ構築に採用したくはない。

「未満」だから黄泉にはつかないよ、残念。

 

 

 

 

おもいたってやってみたけど、ちかれた。