ゆむらのウォーブレタオユニ紀行

ウォーブレのタオシン/ユニオンのカードやデッキ握ったを中心に纏めていきたいと思います

B1初期!アニー採用テンポプログレスユニオン!

どうもゆむらです。

B1がリリースされて数日経ちましたが、B1のカードとにらめっこして四苦八苦している現在であります。

ウォーブレ熱も高まりあっという間に5500帯に突入してしまって身内マッチに震えていますが、自分なりに新種族プログレスを活かした構築が一つ形になってきたので紹介したいと思います。

まだまだ発展途上なのでブログをご覧になっている皆さんと一緒にどんどん開拓していきたいので、叩き台として使ってみて下さい。

 

 

レシピ

立ち回りも解説しますが、取り合えずデッキレシピ!新ギミック「セカンドチェンジ」が楽しくて強い!
f:id:siawasekai897ace:20180204121809j:image

2積みだらけの汚いレシピでご免なさいm(_ _)m

それでは、各カードの簡単な採用理由を軽く述べさせて頂きます。

 

・希望の使徒イム×1

ナーフによって使い物になるか疑っていましたがやはり先置き出来る白獅子は強かった‥

序盤に余ったコストで変身するのは勿論ですが、vsコントロールデッキではアニーと合わせて一撃必殺を狙いに行きます。

テンポユニオンに足りなかった大型バーストを補ってくれたのは本当に有難い。

USBはオマケ程度です。もともとソルバは強いからね‥

 

・忘賢者オポロン×3

シンプルに使いやすい2コスト枠

好みに合わせてリベリーと選択してください

 

・戦士の休息キアナ×2

コンボパーツ

一枚でイムを変身させたり、後述のセカンドチェンジアニーの効果を発動させるトリガーです。

 

・暗躍使徒キングボーン×3

ユニオン最強クラスの2コストユニット。

とにかく死なない、盤面を離さない。

アグロ相手やもたついたミッドレンジデッキ相手なら、このカードの残機を増やしてるだけで勝てたりします。

 

・満腹微笑マリー×3

キングボーンの残機を増やすユニット。

2/1/3という最低限のスペックも有しているのでテンポ出しも厭わない。

 

・テンマチームの活躍×1

自由枠。

マリーをテンポ出しする機会が多いと感じたのでキングボーンの残機を増やすカードとして追加投入。

テンポロス感は否め無いので打つのは中盤以降。

 

・ブラッディスクリーム×2

伝家の宝刀ソルバブラスクの破壊力は健在。

ただ、あくまでも並べて殴るデッキなので3枚入れるとダブつく。

 

・テスタパンク×3

今のB1環境にやたら刺さる1枚。

メイグルの圧力をかけながら盤面を制圧していく。

 

・凶鳥ジュリアンヌ×2

本当に越えられない壁にマストカウンターで打ち込む一枚。

ユニットの火力が上がったので採用枚数を減らしました。

 

・モルモンズオーダー×2

前環境の覇者であるこのカードもこのデッキでは二枚採用。

メイグルの中身のバリューは決して高くないので中盤以降に中型ユニットとプレッシャーをかける為に使うのが主な使い方。

 

・再生の王ジャンク×2

自由枠。

堕天妃の急襲のカウンターとして採用。

見た目以上に小回りも効くのでおすすめです。

 

・追憶の聖戦士シルヴィア×3

並べて殴るデッキなので文句無しの三枚採用。

 

・暗躍使徒トリガー×3

フィニッシャー兼中盤のエース。

デッキの残弾が無くなったら温存しておいたオーダーを貼ってガチャゲーをしかける。

上ぶれと下ぶれの差が激しいので好みの分かれるカードだと思います。

ただ、彼女を処理できない相手に盤面有利をとれば彼女が三回殴るだけでゲームが終わるので自分は強気の採用。

 

・希望の使徒アニー×2

デッキコンセプトの一つでありレイトゲームのフィニッシャー。

キアナと合わせるととんでもない火力が出ます。

 

・サーヴァントヴァネッサ

前環境からの相手の大型ユニットへの簡単な解答。

キングボーンとの相性が素晴らしいです。

 

・暗躍使徒バンブーマスター

一度限りの6/4/5 2ドローは文句無しに強い。

盤面を維持しつつリソースを稼げるのは偉いです。

 

・狂学者ウィットフォード

伝家の宝刀ソルバウィットフォード。

最強です。

 

・検体No294

堕天妃の急襲を越えていけ。

 

コンボと戦い方

序盤

兎に角盤面を渡さない事を意識して立ち回る。

ソウルバーストで盤面を捲る事も出来ますが、あくまでも「殴り勝つ」デッキなので出来るだけ強い盤面を維持するのが中盤以降の戦いを楽にしてくれます。

キングボーンとテスタパンクが盤面奪取能力に長けているのでマリガンでは積極的にキープしたいです。

 

中盤

暗躍使徒トリガー、サーヴァントヴァネッサといった優秀なユニットで盤面を維持しつつライフも詰めていきましょう。

とりわけ、暗躍使徒トリガーは思わぬ高火力を出し得るので積極的にライフを詰めるのに使いたいです。

また、モルモンズオーダーで盤面を補強するのも手持ち無沙汰な5~ターン目以降が有効です。

 

終盤

暗躍使徒バンブーマスターで手札を補充しながら、検体No294や希望の使徒達のセカンドチェンジで大型バーストを狙っていきます。

従来の検体No294の大型大型バーストに加えてセカンドチェンジ組のバースト力を追加したような形です。

ぶっちゃけ、使うカードは変わってもゲームプランは変わって無いです(小声)

 

希望の使徒イムの変身タイミング


f:id:siawasekai897ace:20180204132017j:image


f:id:siawasekai897ace:20180204132034j:image

私の使用感ではあくまでも彼女は「フィニッシャー」です。

6/4クイック+インパクトという性能を盤面トレードに使うのは余りにも勿体無いので、彼女が変身すれば1~2ターンでゲームが終わるというタイミングで変身させるのが強力です。

ラピスに明るく無いので断言は出来ませんが、役割としてはオーバーヒート白獅子に近いと思います。

「でも、そんなに都合よく変身タイミングを選べるのか?」

という問題を解決するのが、戦士の休息キアナです。


f:id:siawasekai897ace:20180204133127j:image

~5ターン目辺りに出したイムであればある程度変身のタイミングは制御できますが、トップ勝負のイムはどうしても変身し辛いです。

そこで戦士の休息キアナの起動効果によって手札一枚で強引にイムのカウントを進めるという寸法です。

水着キアナは 後述の希望の使徒アニーとの相性も素晴らしいです。

 

希望の使徒アニーの変身タイミング
f:id:siawasekai897ace:20180204133223j:image
f:id:siawasekai897ace:20180204133236j:image

 希望の使徒アニーは本体のスタッツに対して変身条件が厳しく接戦ではなかなか相手が変身の隙を与えてくれません。

このカードが真価を発揮するのはロングゲーム、とりわけイムが隣に居る時です。

A3以前のユニオンは盤面有利が取りきれないとジリジリライブラリアウトで負けてしまう展開があったのですが、ロングゲームで一気に大型バーストを生み出せるアニーはコントロール相手に有効です。

更に、アニーの攻撃力上昇条件はイムのデッキ破壊によっても満たされるのでイムと組み合わせる事で簡単にセカンドチェンジできます。

イム+アニー+キアナが有れば用意に一ターンで二人の使徒セカンドチェンジさせる事も簡単です。

とりわけ、キアナはセカンドチェンジアニーの効果のトリガーとしても優秀です。


f:id:siawasekai897ace:20180204134440j:image

コントロールマグナのような受け身で立ち回ってくる相手にはこのようなバーストで一気にゲームを決める事が出来ます。

この盤面ならあのアラディアも怖くない!

 

 

 

ざっと新ギミックを活かしたユニオンを紹介させて頂きましたが、「新しいカードを使って戦いたい!」というユニオン使いの皆さんは是非とも一緒にセカンドチェンジしましょう!