ゆむらのウォーブレタオユニ紀行

ウォーブレのタオシン/ユニオンのカードやデッキ握ったを中心に纏めていきたいと思います

【ウォーブレ】SPプロモ「継続の炎 エミリー」採用、自傷ミッドレンジタオシン

どうもゆむらです。

電撃リリースされたB2の混沌の渦の中で皆さん如何がお過ごしでしょうか?

「ソドム越えられねええ!」「ペリドットやべえええ!通り魔JK!!」

といった阿鼻叫喚を横目に私はSPプロモである「継続の炎 エミリー」で黙々と己の命を燃やしております。

今回は折角BOX特典を貰ったからどうにかしてエミリーを使いたい人に向けて自傷タオシンを紹介します。

 


f:id:siawasekai897ace:20180429062721j:image

先ずこいつの基本的なスペックを説明すると、

・出した瞬間ライフを10にする

・プレイヤーがダメージを負うと相手ユニット全体1ダメージ

・プレイヤーが回復すると自分のユニット全体1回復

出した瞬間に自分のライフが10まで削れるので、基本的には出した瞬間相手に1ダメージ撒き散らします。

 

こいつが兎に角強い!

自傷タオシンに於いてはイプシロンに匹敵する最強4コストの一角です。

場持ちの良いスタッツと誘発効果の相性が素晴らしく、2体並んだ際は効果も重複するので破壊力も抜群です。

 

デッキ紹介

f:id:siawasekai897ace:20180429063608j:image

使用方法は比較的簡単で、マナカーブ通りにカードを展開して「継続の炎 エミリー」を着地させてボードを支配するのが主な戦い方です。

エミリーを4ターン目に着地させれば除去性能も相まって生存率が高いので、後続の自傷ギミックとも噛み合います。

汎用性の高い組み合わせは

・エミリー+テンホウorアパッチ:標準スタッツ+全体火力

・エミリー+ロゼッタ:ライフゲイン+全体1回復

の二種類で、とりわけアパッチやテンホウと組みあわせはボードの制圧力が桁外れです。

こうしてテンポを取り続けて「予言システム プリノウズ改」と「絶対皇帝 BIGBROTHER 」の二人でゲームを締めるのが基本的な勝ちパターンです。

 

裏エース「闇堕英雄 グラント」

B1では僕だけが期待してその期待を裏切ったグラント君ですが、B2のグラントは一味違いました。

USB発動条件の「ライフ10以下」もこのデッキなら簡単に達成できますし、このUSBが発動すれば純粋な殴り合いにはほぼ負けません。

このカードの組み合わせでとりわけ猛威を振るうのが「継続の炎エミリー」と「予言システム プリノウズ改」の二枚です。

前者は自傷ダメージが全て「キュアサンクチュアリ」と同等のダメージを生み出し、後者は左コマンドが3ダメージ、上コマンドが8ダメージになりフィニッシャー性能がはね上がります。

 

それではデッキのカードの採用理由を軽く紹介していきます。

 

・穿星 ショウキョウ

自由枠。ソウルが溜まりやすくテンポも失いにくいので採用。

 

・奮起の竜人 ヒヨ

1/1/3としてテンポ出ししてもよし、効果でソドムやオズワルドといったアンタッチャブルを貫くもよしの汎用カード。

 

・厄災の使徒 テンホウ

2/3/2メリット持ちのスーパーカード。

このデッキに関して言えば麒麟より強力で、一番分かりやすいエミリーの効果のトリガー。

 

麒麟〈試〉

2/3/3のパワーカード。

難しく考えずに3投。

 

・夜魂妖女 ユウユウ

自由枠。

一見強力だがUSBとアンチシナジー

ユニットがそれほど多い構築でも無いので安定したソウル供給も難しいので他のカードでも○

ただ、代替カードが見当たらないのも事実。

リベリー辺りと交換もよし。

 

・奥義 聖光闇裂八光剣

最強GCスペル。

デッキの性質上ライフをかなぐり捨てるので④の効果を非常に協力に使用できる。

主な使用方法は、

ダッキのソウル確保、ヒヨの火力、USBのソウル確保。

とりわけヒヨと組み合わせることでソドムやオズワルドにも一矢報いられるのは優秀。

 

・トータル・チェンジング

八光剣をサーチするのが主な役割。

効果も優秀でエミリーにシャドウを付与してボードコントロールするのも強力。

 

・狂葬者 アパッチ

3/4/3メリット持ちアタッカー。

思考停止3投。

 

・復讐の白魔剣 エリカ

3/3/2アブゾーブとして使ってもよし、アパッチorテンホウの自傷を帳消しにするもよしの汎用3コストGC

USBも狙うのでこのデッキでは必須クラス。

 

 ・闇堕英雄グラント

基本的にUSBを狙ってゲームの大局を決めにいく。

強い使い方は上記。

 

・追憶の聖戦士 シルヴィア

ビートダウンデッキなので3投。

ニセコイはB2でも健在。

 

・魅惑の狐姫 ダッキ

対アグロ決殺カード。

タオシンは除去が乏しいので3投したい。

 

・継続の炎 エミリー

このデッキの核。

かわいい。

 

・永遠の蜃気楼 ペリドット

通り魔JKタイムスリッパー。

入れない理由がないパワーカードです。

いーじーげーむを狙える上にビートダウンとの相性は💮

 

・邪帝 エグゼバグ

科学枠。

ペルシィと選択で良さそう。

シェドの急襲を封じられると○

 

・反乱医 ロゼッタ

このデッキの潤滑油。

ライフ管理+ドローでデッキをスムーズに回してくれる中盤の要です。

 

・メッシンジャー

エミリーのおかげでヒール+自傷がこのデッキだとシナジーを生むので採用。

中盤のボードレースでも強力。

ソドムに一方を取られないヘルス5も優秀です。

 

・予言システム プリノウズ改

フィニッシャー一人目。

雑に投げて雑に強いウォーブレ界のバハムート。

重たいデッキだとかなりの確率で採用されるのでお互いのプリノウズの投げどころを見定めるのは大切です。

 

・絶対皇帝 BIGBROTHER 

フィニッシャー二人目。

ユニットをバフして相手が処理できないスタッツを並べてゲームを終わらせるのが主な使い方。

 

 

駆け足の記事ではありましたが、「このカードは採用しないの?」といった質問や意見があればツイッターでもコメント欄からでもよろしくお願いします。