ゆむらのウォーブレタオユニ紀行

ウォーブレのタオシン/ユニオンのカードやデッキ握ったを中心に纏めていきたいと思います

【ウォーブレ】ウイルスユニオン どう強く、どう戦う

 

どうもゆむらです。
f:id:siawasekai897ace:20180506202828j:image

「悪党に明日はねぇ」と宣言されて、「悪党はお前じゃい(you lose)」と思いながら散っていく事が多くなった今日この頃であると思います。

 

今回はB2環境に一足遅れてやってきた最凶のアグロデッキである「ウイルスユニオン」がどのような点で強いのか紹介していきたいと思います。

 

f:id:siawasekai897ace:20180506203438j:image

恐らくこのような形のウイルスユニオンが現在主流であると思いますので、これを踏まえた説明であることをお見知りおきを。

 

 

デッキの強さとキーカード

1.序盤の展開力

アグロデッキなので当然と言えば当然ですが、ウイルスユニオンは序盤のボードの取り合いに非常に長けているのが特徴です。

ユニオンの序盤のユニットは標準スタッツ+メリット効果持ちのユニットが多く、ユニット単体の性能が非常に高いです。(ただ、マグナのような横展開は得意でないので注意)

その中でもとりわけ高い性能誇るユニオン固有の序盤のキーカードが三枚あります。

 

・暗躍使徒 キングボーン
f:id:siawasekai897ace:20180507103448j:image

二度蘇生する2/1/1。

単体スペックこそ低いものの最速で登場した彼を破壊しきるには数ターンを有してしまい、その間に他の強力なカード郡でテンポを奪っていきます。

噛み合いさえすれば、「満腹微笑 マリー」によって残機を追加できます。

序盤のボード維持の格なのでマリガンではマストキープ。

 

・妄毒のテトラ
f:id:siawasekai897ace:20180507103921j:image

役割としてはラピスの「大盾戦士 ゴッツ」に近いです。

ゴッツとの違いは、ユニットの「攻撃力」が上がる点とシャドウを有する点です。

とりわけ前者はライフを詰める能力に長けており、後者は有利トレードを仕掛けられないため盤面維持に長けております。

また、ユニオンには上記のキングボーンやメリット効果持ちの2/1/3のスタッツを有した場持ちのよいユニットが多く序盤のこのカードが腐りにくいのも利点です。

 

・希望の科学 ハルベニー
f:id:siawasekai897ace:20180507104410j:image

B2ユニオン一番のパワーカードです。

マナカーブ通りに出した際のスペックは3/3/4相当と破格の性能であるにも関わらず、効果が発動しなくても3/2/3と最低限のスペックを有しております。

さらにユニオンの低コストカードの2ダメージの除去に弱い欠点をバフと自身のヘルスで誤魔化せるのが中盤戦以降でも強力です。

このカードの効果を発動させない為に2コストユニットを破壊するのも非常に困難なのも追い風。

 

 

2.除去性能の高さ

恐らくこの要素がウイルスユニオンを最強のデッキ足らしめている所以です。

ウイルスユニオンは良質な全体除去と単体除去両者を有している為、ウイルスユニオン相手にユニットによって盤面を制圧することは非常に困難です。

冷静に考えて下さい。何故アグロデッキがコスパの良いAoEと単体除去のどちらも有しておりどちらも自身の展開を阻害しないのか。

これがユニオンという国家の恐ろしさです。

単体除去と全体除去、それぞれを支えるこのデッキの格を紹介します。

 

・狂鳥ジュリアンヌ
f:id:siawasekai897ace:20180507110158j:image

実装から常にユニオンの第一線に立っているため忘れられがちですが、このユニットのスペックははっきり言って異常な迄に高いです。

アグロ系のデッキを止める手段に「ガーディアン」やそれに準ずるシステムユニット(イプシロン、アルトオルトetc)を展開する事がありますが、ウイルスユニオンは3コスト払うだけでそれに対して解答を有することが出来ます。

手札に同コストのユニットを与えるデメリットも裏を返せば「与えたユニットを展開できないスピードでビートダウンすれば実質確定除去」と考える事が出来ます。

そもそも、構築に採用されるカードより高いスペックかつ状況を打開するユニットを貰える確率なんて相当低いです。

更に「ユニット」であるためシルヴィアやハルベニーにより戦線へ参加することも可能なのが強力です。

 

・無情の微笑み ミラン


f:id:siawasekai897ace:20180507133511j:image

言わずと知れたウイルスユニオンの中盤エース。

3/3/3としてプレッシャーをかけるもよし、ソウルバーストと合わせて打点を飛ばすも良しの万能アタッカー。

取り分けミランダ+オバヒミランダでウイルスを飛ばしまくる様子はミランダシューティングと呼ばれ除去能力とバーストダメージに長けたお手軽コンボです。

更に、後述の「継続の炎 エミリー」によって株を上げた一枚でもあります。

 

 

・継続の炎 エミリー
f:id:siawasekai897ace:20180507111132j:image

ウイルスユニオンを最強の座に昇らせた熱血少女。

端的に効果を説明すると「ライフが10になるかわりに相手のユニットを全て破壊する」 です。

B1までのユニオンがソウルバーストをフルバリューで活かす手段は「凶学者ウィットフォード」しか無かったのでウィットフォードが居ない事にかけてオールインして勝利を掴む戦術がとれましたが、現在はそれが不可能です。

ゲーム中に確実に盤面を一度リセットできるカードを4枚投入出来るアグロデッキが弱いわけ無いです。

「ライフを10にする」デメリットは大きいですが、ユニオンに盤面を更地にされてボードを取り返す過程を経てライフを10削るのは至難の技です。

 もうひとつ凶悪な点が「無情の微笑み ミランダ」とのシナジーです。

エミリーがいる状態でミランダを出せばミランダの自傷がトリガーになって全体1点が生じます。

そのため、エミリーの効果を発動させない為にライフを10まで削る行為にすら抜け道が存在します。

また、エミリーはウィットフォードと違い「ログイン」で「相手のユニットに」だけダメージを与えるのでガーディアン突破性能はウィットフォード以上です。

また、エミリーが複数並んだ際には効果が重複するので自傷ギミックとのシナジーはさらに加速します。

それに加えてライフをギリギリまで削られてもライフを10まで回復できるのも強力です。

さながらウォーブレ界のアレクストラーザ。

正直、このデッキでのスペックだけを見れば同じSPプロモ「追憶の聖戦士 シルヴィア」よりもエミリーはオーバースペックです。

生成解禁が待たれますね。

 

3.バーストダメージ

ニュートラルのウルゴバシューや単体性能の低い破壊のアニマに頼っていたウイルスユニオンに何故かバーストダメージを出すユニットが追加されました。

そう、「執行人 ミストメーカー」です。

 

・執行人ミストメイカ
f:id:siawasekai897ace:20180507121008j:image

ここではミストメーカーで狙える基本的なバーストプランを紹介します。

ミストメーカー一人の打点は手札にウイルスを溜め込む前提で「メモリー-2点」です。

これを踏まえて考えると、

ミストメーカー+オバヒミストメーカー

➡6メモリー8点、7メモリー10点、8メモリー12点

がユニオンの持つ最大火力且つミストメーカーの火力を最大限に活かす手段です。

というのもミストメーカー単体展開でクイックを持つ確率は60%と心もとないですが、ミストメーカーを二体展開するとクイックを持つ確率が84%まで上昇します。

これを踏まえてミストメーカーでバーストを狙う際は自分は二体展開するのが丸いと考えています。

また無情の微笑みミランダとの相性も良く、ミランダはSVlv3の状態でミストメーカーと併用すると「2+(捨てたウイルス×2)」の打点が出ます。

モリーが7~8あればソウルバーストが無くても6~7打点は出るので詰めの一撃に有効です。

 

4.「終末のソドム 第二形態」
f:id:siawasekai897ace:20180507123246j:image

「お前は何を言っているんだ?」

と思われるかもしれませんが、彼はウイルスユニオンの活躍に一役買っている存在だと考えています。

というのも、アグロデッキ全般に言える事ですがこのデッキは除去で打点を削がれる行為が苦手です。

しかし、現環境で除去を多く積んだデッキで勝ち上がろうとすると確実にランプシェドのソドムに蓋をされてしまいます。

ウイルスユニオンを除去コントロールで対策しようとするとランプシェドの圧力に逆立ちしても勝てない板挟みが存在する訳です。

かくいうウイルスユニオンはシェドをボコボコにしてます。これはひどい

 

このように「展開力」「除去力」「バースト」「環境」加えて「ソウルバーストとオーバーヒートの有効利用」これらの全ての要素が追い風となってウイルスユニオンが環境を支配しているのだと考えています。

 

次に各国家との相性を紹介して終わります。

 

各国家との相性

1.LAPIS

・ラピス全般:有利

大型バーストのあるラピスにはエミリーがデメリットとして働くように思われますが、リソースを回復する手段の乏しいラピスに対して早い段階でエミリーを投げるとそれだけでゲームが決します。

エミリーを警戒してリソースを温存した相手にはボードの有利でリーサルをねらえます。

アサギリアルトは間に合いません。

 

2.TAOSIN

・アグロタオシン:5分

序盤のボードの取り合いは5分、バーストダメージはタオシン有利、ボードの制圧力はユニオン有利と言った印象。

このマッチアップはユウユウに仕事をさせないこととエミリーでライフを10まで回復出来ることを念頭に入れると戦いやすい。

 

・ミッドレンジタオシン:不利

環境にこそあまり居ませんが恐らくウイルスユニオンが明確に苦手とする相手です。

確実に採用されるユウユウとダッキがウイルスユニオンのリソースを大きく削ぎおとし、バーストプランを聖光闇裂八光剣で誤魔化されるのが痛手です。

中盤以降のバリューでは劣るので序盤に如何に強いボードを作るかが鍵です。

 

3.MAGNA

・マグナ全般:有利

マグナの展開の要であるトークンをエミリーで焼却すれば先細りしている間に押しきれます。

兎に角エミリーを探しに行きましょう。

 

4.SHEDO

・アグロシェド:5分

序盤のボードの奪い合いは完全にシェド革に軍配が上がります。

4ターン目にエミリーを投げられるかどうかが勝負の鍵です。

4~5ターン目以降はこちらのターンなので丁寧に捲りましょう。

 

・ランプシェド:有利

シェドの序盤の細さではウイルスユニオンの制圧力には耐えきれません。

イデアンマルチウェイによる攻撃制限にだけ注意して戦えば負けることはほぼないと思います。

ソウルバーストはソドムに合わせましょう。

 

5.EG・UNION

・テンポユニオン:微不利

素数も含めてウイルスを絡めずにボードを支配するユニオン全般をここにおかせて頂きます。

ブラッディスクリームによる除去が刺さるのが厳しく、ボードの取り合いで苦戦を強いられます。

ただ、ユニオンは回復手段に乏しいのでライフを詰めて強引にミストメーカーで止めを差すプランを考えるのと勝ちやすいです。

 

6.タマゴマスター
f:id:siawasekai897ace:20180507131715j:image

「私はタマゴマスター!面白い物語を求めるもの」

・タマゴマスター全般:不利

タマゴマスターをたてられるとジュリアンヌやエミリーが腐る上にボードの取り合いに屈してしまいライフを削りきれません。

たまごをドローされない事を祈りましょう。

 

ここまでウイルスユニオンの基本的な強みを紹介させて頂きました。

質問等があればコメント欄かツイッターで気軽にお聞きください。

それでは失礼します。